ソーシャルメディア運用・広告運用


ソーシャルメディア運用・広告運用の目的

ソーシャルメディアは全世界的に毎日使われており、地域、サービスの認知、理解を促進する際に欠かすことができないタッチポイントとなっています。 世界的に使われているソーシャルメディアを活用することで効果的に地域、サービスの認知・理解を促進することができます。しかし、ネイティブに響くライティング、コンテンツ制作をしていくこと、ファンを獲得していくためには週に複数回投稿する必要があり、外国人によるソーシャルメディアの運用体制が必要となる施策です。

ソーシャルメディア運用・広告運用のメリット

自社、自治体のファンを囲い込むことができ、直接ファンに対して投稿を行うことが可能です。定期的な投稿を行うことでファンに対して地域、サービスの認知、理解を促進し来訪、購買のアクションにつなげることができます。

ソーシャルメディア運用・広告運用の導入課題

専任の外国人運用スタッフがいない

効果的な運用方法がわからない

Tokyo Creative(東京クリエイティブ)が選ばれる理由

Image
特長1

外国人スタッフがクリエイティブ制作から情報発信まで

外国人の専任スタッフがおらず、日本語のアカウントで配信している内容を英語に翻訳して投稿したり、日本語と英語を併記して投稿しているという声をよくお聞きします。ただでさえ、マーケティング担当者は忙しい方が多いですが、追加で日々のソーシャルメディア投稿、更新業務が増えてしまい疲弊しているケースも多くあります。

当社ではソーシャルメディア運用に長けた外国人スタッフがソーシャルメディアアカウントの運用代行をいたします。外国人目線でのコンテンツ(写真、動画)制作ができることが特長です。そのため、目に留まるコンテンツを制作でき、高いエンゲージメント(Like数)、ウェブサイトへの高い送客効果を見込むことができます。

Image
特長2

プラットフォームに応じた投稿を実施できる

英語圏でよく利用されるInstagram、Facebookでの運用実績がございます。それぞれのソーシャルメディアのプラットフォームで、効果的な運用方法は変わります。当社では運用実績、ノウハウから効果的なご提案をすることが可能です。

具体的には、ソーシャルメディア運用の戦略策定、KPI策定、アカウントの開設、投稿スケジュール作成、投稿クリエイティブ・ライティング制作、ソーシャルメディア広告運用までソーシャルメディア運用に必要な業務を全て代行することが可能です。

background

実績

ツーリズムおおいた様

ツーリズムおおいた様とは、大分で開催されたインバウンドセミナーへの登壇がきっかけでお声がけいただきました。ラグビーWC、オリンピックに向けた訪日インバウンド向けのデジタルマーケティングの戦略の構築、ソーシャルメディア運用、外国人インフルエンサー施策、ウェブサイト制作、広告配信施策の実行までを並走して実行できるパートナーを探されており、お手伝いさせていただく運びとなりました。

他の実績も見る